サービス内容を見る!家賃管理会社に依頼しよう

計画を立てよう

マンション

資産形成を計画的に行っていきたいのであれば、不動産投資がお勧めです。なぜならば、不動産投資の場合、保有している投資用マンションに入居者がいる限り、毎月決まった家賃が振り込まれてくるからです。また、支払わなければならない経費もほぼ固定されています。そのため、収入から支出を差し引いた手元現金もほぼ一定の額で増えていきます。株式やFXの場合、大きな利益を上げられる時もありますが、その利益は毎月同額ではありません。そのため、毎月50万円の収入を得るという目標を立てても、それがいつ達成できるかはなかなか見えてきません。投資用マンションの場合には、簡単に計算できます。例をとって考えてみましょう。都市部に所在する投資用マンション1戸当たりの家賃収入は6万円から9万円くらいです。仮に8万円の投資用マンションを買っていくとすれば、7戸の投資用マンションを保有すればよいことになります。7戸の投資用マンションを1戸ずつ1000万円のローンを組んで買って、繰上げ返済も含めて毎年200万円ずつ返済していくとすれば5年で1戸目のローンを完済することができます。同じことを繰り返せば、35年後には7戸の投資用マンションを持てていることになりますし、保有戸数が増えるごとに毎年の返済額を増やしていけば、もっと早く7戸の投資用マンションを持つことができるようになります。あとは空室になりにくい投資用マンションを選んでいけばよいのです。