サービス内容を見る!家賃管理会社に依頼しよう

家賃の相場を知るには

女の人

相場形成の特徴と調べ方

不動産オーナーとして所有する物件を賃貸する場合は適切な家賃を決めるためにその物件周辺の家賃相場を調べておく必要があります。そこでまず、家賃相場に影響を与える要因について理解しましょう。家賃相場は立地を中心に様々な要因から形成されています。まず、都心からの距離が近くなればそれだけ相場があがります。また駅に近い物件のほうが高くなり、特に大きなターミナル駅や急行が停車する駅を最寄駅とする物件はその利便性の良さから相場は高くなります。尚、多くの不動産ポータルサイトでは5分、10分という区切りで検索されることが多いため、例えば駅徒歩11分の物件よりは10分以内のほうがより注目されやすいと言えます。さらに建物固有の情報も影響しています。築年数は新しいほうが家賃は当然に上がりますし、近年では耐震性の良し悪しも相場に影響しています。よってRC構造のほうが鉄骨や木造よりも高い相場が維持されています。また、シーズンによっても相場が動き、最も相場が高くなるのが1月から3月の転勤や進学による転居が多くなる頃です。尚、家賃相場はこれまでに挙げた要因がいくつかの要因が重なり合って形成されていきます。また、家賃相場の調べ方ですが、まず物件周辺の家賃は実際の契約時の家賃とあまり差がないために参考になります。よって大手の不動産ポータルサイトを調べてみましょう。ポータルサイトの中には季節ごとに部屋の広さやエリアごとの相場の変動がグラフ化されているものもあり、参考になります。地域ごとにさらに詳細な相場情報を掴むには東日本と近畿圏の各不動産流通機構などに掲載されている取引動向が参考になります。これらの情報は所有している物件と全く同じ条件ということはありませんので、あくまで家賃を決める際には参考程度にとどめておきましょう。